おきなわの海水浴場について

沖縄県の条例で定めている海水浴場は事故防止等の措置などがとられているビーチを指します。

措置がない一般的なビーチは「沖縄県水難事故の防止及び遊泳者等の安全の確保当に関する条例」に基づく海水浴場ではありませんという表記がある場所もあります。(看板がない場所も多数あります)

防止措置のとられている海水浴場の特徴はとにかく注意書きの看板が多いです。
他にはビーチスタッフの監視台があり、ハブクラゲ用の防護フェンスで遊泳区域など限定しています。
また海は波があるのでスノーケルや水中メガネの使用を禁じているビーチもあります。

タイプ別で考えると3通りが上げられます。
・事故防止措置があり遊泳区域を限定しているビーチ
・事故防止措置がなし遊泳区域を限定しているビーチ
・事故防止措置がなし一般的なビーチ

観光客の増加に伴って対策が施されているようです。
(以前は一般的なビーチがほとんどでした)